calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

RC30から煙

190326b.JPG

 

子供が出来てからはめっきり減った夜間のクルマ・バイク整備作業。

通称“ミッドナイトファクトリー”ですが、日曜日の動態確認走行で問題が発

したため、明日のツーリングに間に合わせるべく、今日は娘達を寝かし付

けたあと、夜な夜なRC30の整備作業をしました。
 

190326.JPG

 

日曜日の走行でシート下の辺りからたまに煙を噴くことがありチェックした

ところ、オイルキャッチタンク(ミストセパレーター)からクランクケース

へリターンするチューブが劣化しており、そこから漏れたオイルが直下にあ

るエキパイに滴り落ちて煙を出していました・・・。(汗)

とはいえ、もっと深刻な問題かと思っていたので軽傷で良かったです。

 

190326a.JPG

 

純正品ではなく、汎用のホースが使用されていた僕のRC30ですが、このよ

うな有様です。

そもそもこの部分はエキパイの熱害がひどく、純正品も生産最後のほうでは

対策品があったようです。

 

190326c.JPG

 

もて耐マスターズ時代にレース用NC30とRC30のために買ってあった手持

ちの材料を引っ張り出してきて作成。

急角度で曲がった配管なので純正品はちゃんと曲げ加工されているらしい

ですが、ストレート形状の汎用品なので急角度で曲げると潰れてしまうた

めコイルスプリングを貫通。

その上で熱害対策に気休めかもしれませんが、エキパイに近い部分を遮熱

材で巻き、ロック用ステンレスワイヤーで固定してみました。

 

190326d.JPG

 

完成。

個人的にこの“社外品丸出し感”はイヤなのですが、もう純正部品は出ない

ため仕方ありません。

これで明日は安心してツーリングへ行けそうです♪


エンジンオイル交換

 

車検を通したばかりのRC30。

今度の日曜日と来週の水曜日に乗る予定なので、その前に先日もてぎから

汲んできたエンジンオイルを使って交換作業。

オイルの缶がMTF-掘淵曠鵐4輪のミッションオイル)なのは容器として

再利用したから。

当然中身は別物です。

余談ですが、ホンダ4輪車のミッションオイルは昔はエンジンオイルで兼用

していたくらい低粘度です。


早朝もてぎ

190317.JPG

 

朝4時出発で1人シビックタイプR(FD2)でもてぎのガレージへ。

 

190317a.JPG

 

タイヤをスタッドレスから夏タイヤへ戻し・・・

 

190317b.JPG

 

RC30のエンジンオイル交換を自宅でするためにペール缶のオイルを4リッ

ター缶に詰め替えて持ち帰り。

ガレージは7時半頃には出発し、朝食はウチに帰ってから食べるくらい早く

帰着。

久しぶりに1人でクルマに乗ってドライブし、良い気分転換になりました♪

スタッドレスタイヤのダルなハンドリングから夏タイヤにすると一変して

レスポンスの良いハンドリングになり、とても気持ちが良いですね。


モデューロ

190302.JPG

 

シビックタイプR(FD2)にも装着されているモデューロのサス。

S2000(AP1)用の中古品をほぼ車両購入と同時に買ってあったんですが、
ずっと放置していました。
そろそろ装着したい。
基本ノーマル車を貫くつもりですが、さすがに14万キロ超の足回りのヤレ
は解消したいところ。
コンディションの良いノーマルサスがあればそれにしたいのですが、AP1-
100型の上物は中々出てこないので純正オプションのモデューロでリフレ
ッシュしようと思っています。
タイプSのノーマルサスとかも候補ではありましたが・・・。
ブッシュ類も出来れば全交換したいところですが、高額な費用が掛かるた
め、とりあえず一番ハンドリングに影響するフロントロアアームのコンプ
ライアンスブッシュだけは交換したい・・・。

SRS警告灯

190216.JPG

 

今夜はめずらしくミッドナイトファクトリー“もてぎ支店”ではなく、“本店”

(自宅)で子どもを寝かし付けてから夜な夜なS2000(AP1)整備作業。

先日のシフトレバー回りの作業で破れていたブーツを交換・・・と、その前

に最近SRS警告灯が点灯したのでチェック。(汗)

 

 

ジャンパーによるリセットでも消えないため、HDSで確認すると・・・

 

 

“運転席エアバッグ展開回路の断線または抵抗増加”との診断。

うぅ・・・先日メーター回りのバルブを交換するときにステアリング外して

エアバッグも外したからそのときに何かやらかした可能性が大。(滝汗)

ホーンとエアバッグの接点リールが壊れてなければイイですが・・・。

今日は時間がないのでとりあえずこのまま放置です。

 

190216a.JPG

 

で、メインの作業はコレ。

これをケチって発注しなかったため、先日もてぎのガレージで交換すること

が出来ませんでした。

 

190216c.JPG

 

旧車ゆえ、こんなパーツも交換。

“おせんべい”みたいにパリパリに劣化していました・・・。(汗)

 

190216b.JPG

 

バッテリーを固定しているステーもサビサビだったので新調。

 

190216d.JPG

 

ボンネットのつっかえ棒ホルダーも劣化していたので交換しました。


シフトレバー&スロットルワイヤー

 

23区内はさっぱりだったのに自宅からだいぶ北上したS2000(AP1)の保管

場所はこんな状態。

駐車場内の日陰の路面は凍ってるし・・・。

これからもてぎへ行くのにちょっと向こうの状況が心配になりました。(汗)

が、今日は日中暖かく気温がグングン上昇したこともあってか、凍結などの

心配は全くありませんでした。

早朝は危なかったかもしれませんが。

 

 

今日はシフトレバー周辺のメンテナンス作業を実施。

中古のS2000を入手したら定番のメニューです。

前のS2000のときもやってます。

 

 

元はこんな形のインシュレーターを交換。

古いクルマのスポンジ系のパーツは、殆どボロボロになってしまいますね。

シフトレバーを取り外す前に傷んだインシュレーターは掃除機で撤去。

 

 

シフトレバー回りの樹脂製の摺動パーツを交換。

シフトレバーがフロアを貫通してくるところに被さっている蛇腹状のブーツ

は傷んでいないだろうと発注しなかったら見事に破れていて今回交換出来ず

作業が二度手間となってしまいました。

先日のメーター回りのバルブ交換では二度手間とならないように切れていな

いバルブも含めて全交換したのに今度は1,000円弱のパーツをケチってやら

かしました・・・。(泣)

 

 

あと、スロットルワイヤーも交換。

機能的に全く問題なかったのですが、ケーブルのアウターの黒い被服が劣化

してボロボロと剥がれてきて見た目が酷かったので・・・。

 

 

作業はタンク外したりするバイクより遥かに楽チンでものの5分程で作業出

来ます。

RC30だとこの辺をイジるのにタンク外してエアクリーナーボックス外して

と5分じゃとても終わりません・・・。

余談ですが、同じS2000でもAP2は2.2リッター化されてスロットルはバイ

ワイヤ化されています。

 

 

早めに作業を切り上げて少し遅めのお昼ごはんをSAで済ませて帰ってきま

した。


バルブ交換

190106a.JPG

 

長女と2人で今年最初のガレージへお出かけ。

今日はS2000(AP1)のメーターとスイッチ内のバルブ交換作業です。

いくつかの球切れがありましたが、今後の手間を考えて切れていないバルブ

も含めて全交換しました。

 

190106.JPG

 

もてぎのガレージで初ストライダー。

ここが一番良い練習場所ですね。

 

190106b.JPG

 

明日から仕事なので今日は早めの帰宅。

いつものガレージでコンビニ弁当ではなく、お昼にはガレージを発ち爆弾

ハンバーグでお昼ごはんを済ませて帰ってきました。


| 1/85PAGES | >>