calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

暴燃会

 

今日はクラブの暴燃会。

やきとり屋さんにある秘密基地のような狭い地下室にすし詰め状態です。

が、騒々しい店内と隔離されたプライベート空間なので、エロイ話に爆笑

する僕の騒音が迷惑にならなくてイイです。(爆)

 

16監督の日記はこちら


スキーオフ(2日目)

 

二晩分の成果。

普段あまりお酒を飲まない僕ですが、微力ながら貢献?

このように空き缶や空き瓶がずらりと並ぶのはスキーオフではお馴染みの

光景ではあるものの、昔よりはこれでもだいぶ少なくなりました。(大酒

飲みのメンバーが減った。)

 

 

今朝は昨晩遅くに到着した途中参加の戸列記家も加わりテーブルは2つに。

 

 

シビックタイプR(EP3)でやってきた地元の山さんは例年通り、スキーを

せず朝食後に家路へ。

 

写真:動画キャプチャ

 

2日目にしてV4クラブのスキーオフらしくなってきました。

こども達が居ないとスキーオフって感じがしません。

右から戸列記さん、ご長女、奥様、ご長男。

 

写真:動画キャプチャ

 

銀さんから写真撮影を頼まれ・・・

 

撮影:銀さんスマホにて

 

撮ってあげました。

 

写真:動画キャプチャ

 

戸列記家のこども達は緩斜面なら全く問題ないレベルに上達。

我々大人達と一緒に問題なく滑ることが出来るようになっていました。

どちらかというと奥様がこども達に追い越され・・・。(汗)

 

写真:動画キャプチャ

 

今日も銀さんとコブ斜面を攻めます。

前夜に雪の降った昨日ほどじゃないですが、夜に雨が降るようなことは無

かったため、コンディションは引き続き良好。

ガリガリだとこういうところは滑りたくないですね。

 

 

昨日もそうでしたが、例年と比べて比較的空いてるゲレンデ食堂。

空いたテーブルを探すのにさほど苦労しません。

来週末が3連休だから?

 

 

近頃はノンアルコールビールが大好きになってしまい・・・それだけでは

なく、本物ビールも好きになってきました・・・。

 

 

昼食後に上がり、ペンションですぐに身支度と帰り支度を整えて家路へ。

横川SAで夕食の釜飯をゲット。

 

 

その後、帰り道でとんでもないトラブルに遭遇・・・。

少々渋滞している大泉JCT手前でシフトアップしようとクラッチペダルを

踏んだところ、ペダル付近から「ボキッ!」という金属系の鈍い音がした

直後、クラッチがスカスカになり全く動力が切れない状態に。(滝汗)

何と本線上で立ち往生してしまいました・・・。

クラッチが切れなくなるトラブルはS2000(AP1)のときにも経験済み

すが、あの時のように徐々に切れなくなる(フルードが漏れて行く)ので

はなく、今回はいきなり何かが壊れた音がして一気に切れなくなりました。

 

 

銀さんが機転を利かせてローギヤに入れたままセルを回してエンジンを掛け

るやり方をアドバイスしてくれたため、たまたまディーラーまでアクセスの

良い場所だったため、何とかディーラーまで自走。

クラッチが切れないため、止まるときはエンストさせるかスイッチを切るし

かなく、市街地の走行は一苦労です・・・。(汗)

しかし初めて知ったんですが、ローギヤに入れたままセルを回すとウネウネ

と走り出したあと簡単にエンジンが掛かっちゃうんですね。

上り坂やバッテリーが弱っていたら無理そうですけど。

そりゃリモコンエンジンスターターのマニュアル車への取付で事故が起きる

はずですね。

ホントにクルマが無人で走って行っちゃいますよ・・・。

サイドブレーキなんかローギヤのトルクじゃ関係ないですからね。

ちなみに今回の運転方法、最近のマニュアル車はクラッチを踏まないとセル

は回らないクラッチスタートシステムのため、クラッチが故障で切れなくな

っていても始動時(今回の場合は発進時)にクラッチペダルは踏んでいます。

もうえらいヘンテコな運転操作方法ですよ・・・。(苦笑)

ディーラーの人から「よく運転して来ましたねぇ・・・」って。

微速の車庫入れなどの操作は無理なのでディーラーでピットのリフトへ入れ

るときは手押しでした。

 

 

結局原因はクラッチマスターの油圧部分のボルト破断によりフルードが

一気に抜けきった事が原因。

ボルトが折れた原因は今のところ不明。

コレ、もし同じようなことがブレーキで起こったらゾッとします・・・。

(汗)

当然クルマはそのまま入院となり、代車を借りて帰ってきました。

実は数日後にファンベルトとテンショナープーリーの交換、カーナビの地

図データ更新でディーラーへ入庫予定だったため、そちらの作業も一緒に

行ってもらいます。

 

 

嫌視の里、銀さん宅へ到着。

ご迷惑お掛けしました・・・。

 

 

機械式立体駐車場へ入るように代車はフィットを依頼。

ディーラーの代車はN軽が多いのですが、低全高のN-ONEじゃないとココ

には入りません。

ちなみにこのフィット、100キロちょいしか走っていない新車♪

 

 

今夜は昨夜の余りものをつまみにノンアルコールビールでチャイさんと乾

杯。

スキーの動画を観ながら峠の釜めしで夕食となりました。

ホントはもっと早く帰ってくるつもりだったんですが、最後にとんだハプ

ニングで今日は疲れました・・・。


スキーオフ(1日目)

 

朝食は少々さみしいテーブル1つ。

今回はペンションに僕らV4クラブ関係者以外は宿泊しておらず、貸し切り

状態。

 

撮影:16監督のカメラ

 

恒例のゲレンデへ繰り出す前の集合写真。

余談ですが、看板が替わっていることに気が付いている人は居たでしょう

か!?

 

 

今回はサーキット走行時の問答無用カメラ(オンボードカメラ)として

最近購入した4,000円でおつりが来るアクションカメラAPEMAN A66を

装着。

 

写真:動画キャプチャ

 

昨年は雪がなく滑走不可だったというコブの急斜面も今年はこの通り。

昨夜降った雪でコンディションは良好。

ちなみに昨年、僕は土曜日夜に遅れて来たうえに翌朝日曜日にスキーをせ

ずに帰りました

 

写真:動画キャプチャ

 

結婚して夫婦での参加となった尻薄さん。

スノーボード初心者の奧さんの技術レベルは僕と同じくらい

 

写真:動画キャプチャ

 

急斜面のコブを攻める銀さんを追走。

 

 

銀さん、W○○tさん、16監督と昼食。

その後数本滑り、14時過ぎにはペンションへ引き上げてきました。

その後、僕はシビックタイプR(FD2)で麓のスーパーまで今夜の宴会の

買いだしへ。

戻ってから部屋で夕食まで仮眠をとりました。

 

 

夕食の直前に山さんが合流。

戸列記さん一家は夕食には間に合わないとのことでご一緒出来ずに非常に

残念。

ここの食事は格別ですから・・・。

 

 

食事を撮影中の16監督。

メインの料理は鴨のすき焼き♪

詳しいメニューは16監督の写真日記で?

 

 

恒例の宴会第2部。

地元の山さんが加わりました。

 

 

旨いウイスキーはあびーでも飲めますが、雪山のペンションでクラブの皆

さんと飲む白角水割もまた格別です。

これぞプライスレスの贅沢。

でも我がDE耐チームはPRYCE(16監督)レスでは成り立ちません。

 

 

“成果”は誇らしげ?に部屋のどこかに掲げられるのもスキーオフではもはや

恒例。

テレビ台や棚の上だったり・・・。(笑)

 

 

相当遅れた“ピットスタート”となった戸列記さん。

良く覚えていませんが、日付が替わる頃の到着だったような・・・?

髪を染めるのをやめたそうで、ロマンスグレーがシブイです。

第2部のお開きは・・・先に26時頃に寝てしまったので知りません。(笑)


スキーオフ(0.5日目)

 

仕事を終え、夕食を済ませて娘と風呂に入ってから下町の銀さんを嫌視の

里(癒しの里)へお迎え。

今年は汚さんが仕事が休めずに不参加となり、銀さんも愛娘2人と鬼嫁さん

が不参加ということで下町の銀さんと2人で向かうことに。

 

 

銀さんのドライブ、というかシビックタイプR(FD2)の試乗インプレッ

ションで長野県峰の原高原へ。

 

 

24時30分頃到着後、恒例の乾杯♪

山の麓から雪がちらつき初め、比較的標高の低いところから夏タイヤでは

走行不可能な状態の積雪でした。

近年のスキーオフでは結構めずらしいかも?

スタッドレスタイヤが必要になるのは、ペンション到着直前の数十メート

ルだけなんてことがザラでしたので。

 

 

初日0.5泊目から参加は16監督、尻薄夫妻、W○○tさん、銀さん、僕の計

6名。

W○○tさんが以外にも初参加、独身だった尻薄さんが結婚して奥様連れ、

そして、いつも家族総出の銀さんが単身参加という参加者の変化にとんだ

今年のスキーオフとなりました。

尚、明日の夕方に地元の山さん、夜に戸列記さんがご家族連れで遅れて来

ることになっています。

恒例の宴会は27時過ぎにお開きでした。


暴燃会

 

V4クラブ年末恒例の暴燃会。

例年、御徒町魚太郎が会場となっていましたが、諸般の事情により閉店と

なってしまったため、今年は別会場にて開催。

 

 

2次会も昨年とは別のオフィスにて。

今だから書けますが、昨年の暴燃会の最中にチャイさんから妊娠の可能性

の一報が入り、2次会を早々に切り上げて帰ったんですよ。(笑)

もう1年ですか・・・早いもんです。


スキーオフ(2日目)



28時就寝、8時起床。
4時間寝られたので体調はまずまずですね。
昨夜は到着した時間が時間だったので、初顔合わせとなる面子が多々。
それにしても子供達が大きくなりましたね・・・。



昨夜の料理を食べられなかったことが悔やまれます・・・。
旨いんですよねー。
ここの料理は。



スキー組がゲレンデへ繰り出す頃、朝食後に帰る地元山さんのシビックタイ
プR(EP3)をじっくりとチェック。



こちらも候補ではありましたが、流通量、年式、価格、使い勝手(ドア枚数)
を熟慮した結果、(FD2)に落ち着いた感じですね。



今年は僕も山さんと同じくスキーをせずに峰の原を発ち、お昼過ぎには帰宅。
不運にも今日は15時までに建設用びょう打銃の年1回の検査日で泣く泣くス
キーをせずに帰ってきたのです・・・。



警察署なう。
たかが1分程で終わる検査のために・・・。

安産祈願とスキーオフ



東京湾を横断。
恐らく今日が最後のS2000(AP1)ドライブ・・・。



安房国にある義父母宅(旧チャイさんの母方の祖父母宅)へ。



まずは祖父母へ懐妊の報告。
このあと、僕は初めてですがお墓にも行ってきました。



“安房のおじいちゃんとおばあちゃん”の乗るSAI(AZK10)を追走して神社
へ。



なんかね・・・ホント、感慨深いですね。
僕のS2000の歴史はチャイさんとの歴史でもあるわけで。
チャイさんと付き合い初めて間もない頃に鎖骨骨折、退院してまだ完治する
前に“はやまって”車検に出したばかりのトランポを手放して購入。
このクルマで何回チャイさんを職場へお迎えに行き、自宅まで送りつつ夕食
を共にしたことか・・・。



昇殿参拝。
ピンクの電気カーペットがおちゃめ♪
神主さん、とても感じの良い人でした。



絵馬に安産祈願を記しているチャイさん。
季節柄、合格祈願の絵馬が目立ちますね。



帰りは海に潜らずに陸を通って帰宅。
すぐに僕は峰の原高原へ向けてE7系新幹線あさまで出発。



LINEで美味しそうな夕食の写真が16監督からいっぱい送られてくるのを見
て羨ましく思いながら僕は乗車中に駅弁で夕食。
なんと写真を見ると食事中に飲んでます!(例年スキーオフの“夕食では”飲
まない)。
恐らくスキーオフ始まって以来の事ではないでしょうか!?



GPSによると営業最高速度260キロに対して247.5キロを記録。
ただし、軽井沢周辺のトンネルの多い地域でこれ以上の速度を記録している
可能性もアリ。
ちなみにエンジンノーマルのS2000だとちょっとキビシイ速度です・・・。
駆け足程度でじわじわ離される感じですかね。



上田駅に到着して本日もてぎで2回目のDE耐走行会を終えてステージア(P
M35)で駆けつけてきた汚さんと合流。
汚さんは夕食がまだとのことで、僕も駅のら〜めん屋さんにお付き合い。
とんかつ弁当にら〜めんと結構ハード・・・。



汚さんに代わって上田駅から峰の原高原までのヒルクライムは僕が担当。
途中のコンビニで酒とおつまみを買ってペンション入り。
結局ペンションまで全く雪なし・・・。
22時過ぎに汚さんと共に“ピットスタート”して28時にチェッカーとなりました。
僕は諸事情で明日は朝ご飯を食べたらスキーをせずに東京へ戻りますが、ここに
はこのためだけでも来る価値があるんですよね。

| 1/18PAGES | >>