calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

スキーオフ(2日目)

190127.JPG

 

2日目の朝食。

左上の小屋?に野生動物がやってきます。

 

撮影:汚さん

 

こんな感じで。

 

190127a.JPG

 

今年も?2日目はスキーをせずに帰路へ。

まずはクルマの発掘作業。

今日は昨日よりだいぶ積もりました。

とはいえ、側面まで埋もれてしまうほどではなく、この地方ではまだまだ温

いほうです。

たまに来てやるぶんには何とも思いませんが、通勤のためにコレを毎朝やる

雪国の人達は大変だ・・・。

 

190127b.JPG

 

シビックタイプR(EP3)とシビックタイプR(FD2)。

地元の山さんとシビックタイプRオフ開催です。(笑)

余談ですが、実は山さん、かつてS2000の購入を考えたこともあるそうで

すが、雪国ゆえに断念したと以前伺ったことがあります。

 

190127c.JPG

 

余裕で明るいうちに帰宅。

泥だらけになったクルマを洗車。

雪国へ行ったので下回りも念入りに。

 

190127d.JPG

 

夕食は横川SAで買ってきた峠の釜飯。

来年は次女とチャイさんもペンションへこもらずゲレンデへ繰り出す予定

です。


スキーオフ(1日目)

190126.JPG

 

窓の外に置かれたエサを食べに来るリスや鳥を眺めながらの朝食。

 

190126a.JPG

 

夜は大して降りませんでした。

クルマを“発掘”する感じまで行かず。

左のハイエースから30号車、11号車、74号車。(笑)

 

190126b.JPG

 

チャイさんと次女はペンション待機のため、ゲレンデへ繰り出したのは

僕と長女だけ。

よって、今年はスキーはせず。

そり遊びエリアの傍らにレース観戦グッズで拠点を設置して長女とそり

遊びに終始。

 

 

大喜びで連れて行った甲斐があったってもんです♪

しかし、とーたんは物凄く疲れた・・・。(汗)

少ないですが、そり遊びエリアにマジックカーペット(滑走式リフトの

一種)があるスキー場がありますよね。

 

190126c.JPG

 

毎年のことながら昼食を食べると「もう帰ろうか・・・」モードに。(笑)

 

190126d.JPG

 

夕食の時間。

この夕食を食べにくるだけでもここに泊まる価値があるというもの。

毎年美味しい料理が頂けます。

 

190126e.JPG

 

長年来ていますが、今回初となるチーズフォンデュ!

このあとすぐ、地元の山さんが合流して今回参加者が勢揃い。

 

190126f.JPG

 

長女はとっとと食べ終わり遊びたくてチャイさんの食事の邪魔、僕は膝の

上に次女を抱っこしながらの片手食べ状態。

他のお客さんの中に保育士さんがいらっしゃって僕とチャイさんが娘2人

に悪戦苦闘しながら食事していると見かねてご令嬢と共にしばらく遊んで

もらいました・・・ありがたや。(謝)

 

190126g.JPG

 

夕食と共に楽しみなのが、部屋飲み宴会。

この場に16監督補佐が居ないのが非常に悔やまれます。

尻薄夫妻と戸列記一家が不参加なのも残念でした・・・。

というか山さん、月に何回も23区内に来てるんですからたまには東京でも

会いましょうよ。(笑)


スキーオフ(0.5日目)

190125.JPG

 

仕事を終え、娘達と早めの入浴を済ませてスタッドレスタイヤを履かせた

シビックタイプR(FD2)で上田菅平へ。

 

190125a.JPG

 

日付が替わる前に余裕で到着。

銀さんや汚さんの到着が遅くなるので今夜は宴会せずにそのまま寝ました。


スキーオフ(2日目)

 

朝一番で“産んでいる”娘。

 

 

朝ごはん中・・・。

 

 

女将さんに抱っこされる娘。

こちらの方言らしく、「わにないねぇ〜」って言われました。(わにる=人

見知り)

リスが見えたかな?

野鳥は目の前まで来たようでした。
 

 

出発前に少々雪遊び。

当初はこのスキーオフで初雪体験の予定だった娘なんですが、先日の都心の

大雪で全く新鮮みのないモノとなってしまいました・・・。(汗)

すでに「ゆきっ!」って言葉を覚えてますから。(苦笑)

 

 

山さんのシビックタイプR(EP3)。

4駆じゃなくてFFで頑張って下さい!(笑)

S2000もイケます!(爆)

 

 

ネームさんと娘。

尻薄さん&ネームさん夫妻とW○○tさんも今日のスキーはせずに帰宅され

ました。

横川SAで峠の釜飯を購入し、15時前の帰着。

遅いお昼ごはんを釜飯で済ませたのですが、どうも風邪気味だった体調が悪

化してきた模様・・・。(汗)

なんかヤバそうです。


スキーオフ(1日目)

 

諸事情により、金曜日夜入りの1.5泊ではなく土曜日1泊参加。

娘を連れての参加で明日はスキーはせず、朝食後に帰ります。

 

 

V4クラブのテーブル。

今年はお客さんがいっぱいで食堂は2回転だった模様・・・。

1階のピアノ部屋も客室となっていました。

毎年の事ですが、美味しい料理に舌鼓。

スキーをせずともわざわざ訪れる理由その1ですね。

 

 

夕食後、ちょっと山を下りて某ネットオークションの取引へ。(謎)

しかし事前に採寸して行ったとはいえ、良く積めたなぁ。(笑)

普通のセダンがベース車であるシビックタイプR(FD2)のM・M思想の賜

です。

S2000(AP1)は“マン・ミニマム/メカ・マキシマム”でしたが。(爆)

 

 

 

スキーをせずとも訪れる理由その2。(笑)

しかし今年は16監督こと“店長”が病欠で今一つ盛り上がりに欠けると共に

お酒の量も進まず・・・。

しかし、ホンダ“の”人とホンダ“な”人達のトークは大いに盛り上がりました。

特にW○○tさんがダウンしてからの4輪業界に携わる尻薄さんと山さんとの

トークはいつもながら大変興味深い内容でした。

が、山さんの「4駆が欲しいから他メーカーに浮気しようかな?」という言葉

は聞き捨てなりません!(笑)

 

 

娘は24時近くまで起きてましたが、さすがに途中で先に寝かしつけて結局僕

達は27時のお開きでした。


暴燃会

 

今日はクラブの暴燃会。

やきとり屋さんにある秘密基地のような狭い地下室にすし詰め状態です。

が、騒々しい店内と隔離されたプライベート空間なので、エロイ話に爆笑

する僕の騒音が迷惑にならなくてイイです。(爆)

 

16監督の日記はこちら


スキーオフ(2日目)

 

二晩分の成果。

普段あまりお酒を飲まない僕ですが、微力ながら貢献?

このように空き缶や空き瓶がずらりと並ぶのはスキーオフではお馴染みの

光景ではあるものの、昔よりはこれでもだいぶ少なくなりました。(大酒

飲みのメンバーが減った。)

 

 

今朝は昨晩遅くに到着した途中参加の戸列記家も加わりテーブルは2つに。

 

 

シビックタイプR(EP3)でやってきた地元の山さんは例年通り、スキーを

せず朝食後に家路へ。

 

写真:動画キャプチャ

 

2日目にしてV4クラブのスキーオフらしくなってきました。

こども達が居ないとスキーオフって感じがしません。

右から戸列記さん、ご長女、奥様、ご長男。

 

写真:動画キャプチャ

 

銀さんから写真撮影を頼まれ・・・

 

撮影:銀さんスマホにて

 

撮ってあげました。

 

写真:動画キャプチャ

 

戸列記家のこども達は緩斜面なら全く問題ないレベルに上達。

我々大人達と一緒に問題なく滑ることが出来るようになっていました。

どちらかというと奥様がこども達に追い越され・・・。(汗)

 

写真:動画キャプチャ

 

今日も銀さんとコブ斜面を攻めます。

前夜に雪の降った昨日ほどじゃないですが、夜に雨が降るようなことは無

かったため、コンディションは引き続き良好。

ガリガリだとこういうところは滑りたくないですね。

 

 

昨日もそうでしたが、例年と比べて比較的空いてるゲレンデ食堂。

空いたテーブルを探すのにさほど苦労しません。

来週末が3連休だから?

 

 

近頃はノンアルコールビールが大好きになってしまい・・・それだけでは

なく、本物ビールも好きになってきました・・・。

 

 

昼食後に上がり、ペンションですぐに身支度と帰り支度を整えて家路へ。

横川SAで夕食の釜飯をゲット。

 

 

その後、帰り道でとんでもないトラブルに遭遇・・・。

少々渋滞している大泉JCT手前でシフトアップしようとクラッチペダルを

踏んだところ、ペダル付近から「ボキッ!」という金属系の鈍い音がした

直後、クラッチがスカスカになり全く動力が切れない状態に。(滝汗)

何と本線上で立ち往生してしまいました・・・。

クラッチが切れなくなるトラブルはS2000(AP1)のときにも経験済み

すが、あの時のように徐々に切れなくなる(フルードが漏れて行く)ので

はなく、今回はいきなり何かが壊れた音がして一気に切れなくなりました。

 

 

銀さんが機転を利かせてローギヤに入れたままセルを回してエンジンを掛け

るやり方をアドバイスしてくれたため、たまたまディーラーまでアクセスの

良い場所だったため、何とかディーラーまで自走。

クラッチが切れないため、止まるときはエンストさせるかスイッチを切るし

かなく、市街地の走行は一苦労です・・・。(汗)

しかし初めて知ったんですが、ローギヤに入れたままセルを回すとウネウネ

と走り出したあと簡単にエンジンが掛かっちゃうんですね。

上り坂やバッテリーが弱っていたら無理そうですけど。

そりゃリモコンエンジンスターターのマニュアル車への取付で事故が起きる

はずですね。

ホントにクルマが無人で走って行っちゃいますよ・・・。

サイドブレーキなんかローギヤのトルクじゃ関係ないですからね。

ちなみに今回の運転方法、最近のマニュアル車はクラッチを踏まないとセル

は回らないクラッチスタートシステムのため、クラッチが故障で切れなくな

っていても始動時(今回の場合は発進時)にクラッチペダルは踏んでいます。

もうえらいヘンテコな運転操作方法ですよ・・・。(苦笑)

ディーラーの人から「よく運転して来ましたねぇ・・・」って。

微速の車庫入れなどの操作は無理なのでディーラーでピットのリフトへ入れ

るときは手押しでした。

 

 

結局原因はクラッチマスターの油圧部分のボルト破断によりフルードが

一気に抜けきった事が原因。

ボルトが折れた原因は今のところ不明。

コレ、もし同じようなことがブレーキで起こったらゾッとします・・・。

(汗)

当然クルマはそのまま入院となり、代車を借りて帰ってきました。

実は数日後にファンベルトとテンショナープーリーの交換、カーナビの地

図データ更新でディーラーへ入庫予定だったため、そちらの作業も一緒に

行ってもらいます。

 

 

嫌視の里、銀さん宅へ到着。

ご迷惑お掛けしました・・・。

 

 

機械式立体駐車場へ入るように代車はフィットを依頼。

ディーラーの代車はN軽が多いのですが、低全高のN-ONEじゃないとココ

には入りません。

ちなみにこのフィット、100キロちょいしか走っていない新車♪

 

 

今夜は昨夜の余りものをつまみにノンアルコールビールでチャイさんと乾

杯。

スキーの動画を観ながら峠の釜めしで夕食となりました。

ホントはもっと早く帰ってくるつもりだったんですが、最後にとんだハプ

ニングで今日は疲れました・・・。


| 1/18PAGES | >>