calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

モス

190624.JPG

 

流木に南米ウィローモスを巻いてみました。

同時にショートヘアーグラスも植え替え。

有茎草のロタラ類も大部分を捨てて状態の良いものだけ植え替えしました。

どうも水の調子がイマイチですね・・・。

夜間のエアレーションを検討中。


洗車用具入れ

190522.JPG

 

アクアリウムのメンテナンス用具を洗車グッズの内カゴ付き踏み台バケツを

流用して整理してみました。

屋根を洗ったりするための踏み台としての機能は不要?ですが、内カゴと透

明の目盛り付きバケツが非常に使い勝手が良いです。

アクアリストにオススメです。


サテライト改造

190518.JPG

 

伸びた水草のトリミング。

そして外掛け式のエビ隔離水槽、スドー・サテライトSを加工。

 

190518a.JPG

 

スタンダードのエアーリフト仕様から水中ポンプ仕様に。

テトラのオートワンタッチフィルターAT-20のポンプとオプションのスト

レーナーフィルターを使用。

ちなみにこれらバラで購入するより無駄になってもフィルターごと購入し

たほうが安いかもしれません。

サテライトのパイプを少し耐水ペーパーでシコシコ削って細くし、AT-20

に挿入。

 

190518b.JPG

 

吐水口はエアーチューブ用のL型ジョイントこのように設置。

漏れ防止のパッキン代わりと位置固定のため、パイプへ挿入する側には短
く切ったエアーチューブを挿してあります。
190518c.JPG
水流を弱めるためと音消し目的でここに切れ込みを入れたスポンジを設置。
190518d.JPG
吐水された水がスポンジに当たるようにして完成。
無音でやさしい水流となり、エアーリフト仕様より充分な水量が確保でき
ました。

外部フィルター

190414.JPG

 

水槽のフィルターを外部フィルターにしました。

結局、昔やっていたシステムが一番良いという結論に・・・。(苦笑)

初めからそうしておけば良かったです。

間もなく暑い時期がやってくるので、これで水槽用クーラーも接続するこ

とが出来るようになります。

ヒーターや炭酸ガス添加器具もインライン化したいなぁ。


リセット

190330.JPG

 

インテリア性を考慮し、ソイル底砂と底面フィルターで立ち上げて7ヶ月。

生体過密水槽ということもあり、ろ過に限界が来てしまいました。

水量の少ない薄型60センチ水槽で生体は通常の60センチ水槽クラス並に飼育

するのはキビシイようですね・・・。

底面フィルターを諦め、外部フィルターにしようと思いますが、その前に一旦

見た目と炭酸ガスの添加条件に悪いですが、外掛けフィルターで立ち上げてみ

ることにしました。

昔と違って外掛けフィルターは良いものがいっぱい各社から販売されています

からね。

水温がキビシクなってくる夏場までに外部フィルターへ再移行と併せてクーラ

ーの設置をしたいと思います。

結局、昔やっていた頃のベストな仕様と同じに落ち着きそう・・・。(苦笑)


抱卵

190303.JPG

 

茂った水草をトリミング・・・というか、今日は流木も水草も全て取り出し

てメンテナンス。

 

190303a.JPG

 

卵を抱えたエビを発見したので隔離するために新しいアイテムを購入。

 

190303b.JPG

 

昔はこんなの無かったと思いますけどね。

見た目そのままのネーミングのサテライトという製品なんですが、便利な

モノがあるもんです。

 

190303c.JPG

 

メイン水槽の縁に掛けてエアーポンプのエアーリフトで水を汲み揚げ、オ

ーバーフローでメイン水槽へ水が戻る循環システム。

産まれた稚エビがメイン水槽に流出しないようにオプションパーツの細目

のストレーナーも設置しました。


トリミング

 

水面まで達したロタラとパールグラスをトリミング。

この2種は成長の早さが半端ない・・・。

あと、ひょろ〜っと伸びているマツモも。


| 1/4PAGES | >>