calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

キャブメンテナンス



元旦のお出かけで問題が発生したため、キャブのメンテナンスを
行いました。
スロットル開度1/4程度、6千回転以下でブスブス言うスロー系
エアー通路の詰まりの典型的症状です。(○○○キャブの。)
年末のスポーツ走行で詰まってしまったんでしょう。
恐らく走行中に詰まってしまったんでしょうが、スポーツ走行時は
高回転域しか使用しないため、元旦に街乗りするまで気に
ならなかったんですね。
ツーリングなんかの場合ですと、途中で調子悪くなるとすぐに
「あっ、キャブが汚れたな。」と分かるのですが、
サーキット走行時は正直気付きにくいです。
直キャブ仕様の気持ち良さは、エンジンの寿命やキャブの寿命と
トレードオフだったり、朝や日中などコンディションによって
セッティングがズレやすかったりして、何かと手間が掛かりますが、
やっぱりあの高回転域の伸びとレーシーな吸気音は、
「た・ま・り・ま・せ・ん」。(笑)

  

今夜汚○○○ロさんと汚邪魔したh○さん宅、通称「嫌視の里」(注1)で
撮影した写真。
一旦切り落としたテーブルの脚を接いであります。
お子さんの成長に合わせてカスタマイズされているテーブル。
何とも微笑ましいですね。

注1:
各個人のサーキット走行オンボードカメラ映像を見ながら
激論を交わす場所であると共におやつとマッサージチェアで
癒やされる場所であることの意。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック