calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

裸眼

この日記のカテゴリーにある「視力矯正手術 」。
もう早いもので、手術を受けてから約2年半の月日が
経ちました。
今では全く自分が近視だったことなど、記憶から完全に
消え去っています。(笑)
今日、仕事関係の人と今回の震災について雑談しているとき、
地震のあった日の夜に会社へ泊まった際、「コンタクトレンズの
ケア用品がコンビニからすぐに売り切れてしまい苦慮した」
というお話を伺いました。
そのとき、僕が当時視力矯正手術について色々と調べて
いるときに「裸眼は災害時に有利である」という手術によって
裸眼になる利点の一つを思い出しました。
たしかに今回の震災で、被災地では人工透析を受けられないで
命を落とす人が居る中、コンタクトレンズを装用出来ない
程度のことは、テレビのニュースやネット上のニュースで
取り上げられることはないのですが、絶対に困っている人々が
多いはずです。
普段通りの生活を送っていると、メガネやコンタクトレンズに
頼って生活していることに何ら「ハンデ」を感じることは
ありませんが、災害時には特に僕のような最強度近視の人々は、
見えないことが場合によっては、生命の危機に晒されることに
なりますから、たかがメガネやコンタクトレンズだからと
軽視することは出来ません。
僕も当時の日記で術後に裸眼になったことの喜びを色々と
実感しましたが、今回の震災で改めて裸眼生活の利点を
再認識しました。
以下、YouTubeは当時の日記にもUPしましたが、僕の受けた
手術の映像です。
グロいので要注意です。(笑)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック