calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

抜釘手術



手術から約1年1ヶ月でいよいよ埋め込まれたチタンパーツを
取り除く手術となりました。
「プクっ」と膨らんでいるところがチタンパーツの後端部。
これが車の助手席(左側)に座ってシートベルトを締めたときや、
鞄をたすき掛けしたときに当たって痛いのです・・・。(>_<)



車の運転には支障ないことを同じ手術を経験しているヨ○シ○
さんに確認ずみなので、電車やAT車のステージア(PM35)
ではなくS2000(AP1)でお出かけ。



ここに訪れるのも今日が最後かな?
術後の診察は抜糸も含めて近所の病院になるはずなので。



手術着に着替えました。
手術着は“びんぼっちゃま”のような後ろが丸見えの服
なので、上から入院服?を着ています。(^_^;)
手術室までは外来患者の目の前を歩いて向かいますから。



手術は局所麻酔で手術室の入退室まで含めて30分程で終了。
取り外したチタンパーツはこんなモノ。(・ω・)
直径1ミリ程のワイヤー状で後端は丸く曲げてありますが、
先端はかなり鋭利。(-o- )
僕の予想ですが、このパーツは元々ある程度長い真っ直ぐな
素材で手術のときに適当な長さに切って後端部を曲げ加工し
骨の中にクギを打つように打ち込んだと思われます。
ちなみに後端部にはペンチのようなモノで掴んで抜いたときに
ついたと思われる傷があります。
手術中は麻酔が良く効いて痛みは無かったですが、何とも
例えようのない違和感がありました。
聞こえてくる音はまるでバイクや車をイジっているような工具や
金属の音、そして見えなくても明らかにチタンパーツをペンチで
掴んでグリグリと引っ張っているであろう妙な感覚。(^_^;)
一度明らかにペンチで掴んで引っ張っているときにすっぽ
抜けたのであろう「パチンっ!」という音と同時に引っ張られて
いた感覚が一気に抜けた瞬間がありました。(^_^;)



麻酔のために今日は朝ご飯抜きだったので、コンビニで
おむすびとからあげクンを買って車中で共食い。
明後日木曜日に近所の病院で診察と消毒の予定です。



共食い中に現れた40〜50歳と思われる女性がドライブする
MR2(SW20)。
実は以前、この車は近所に住む友達が乗っていてその車のスペア
キーを許可を得て預かり、友達が乗らないときにはガソリン代だけ
負担して自分の車のように乗り回していた時期があります。(・ω・)
たぶん友達がこの車を手放すまでにトータルで数千キロは乗った
でしょう。(^_^;)
だからMR2には自己所有していたのと同じくらいの思い入れ
というか思い出があったりします。
ちなみにそのMR2が駐まっていた月極駐車場は、僕がS2000を
駐めている駐車場と同じ。
その友達がMR2を買うときに僕が駐車場の大家さんを紹介した
のです。(^o^)


写真:2002年07月21日 乗鞍スカイライン

コレがそのMR2。
バイクと車で乗鞍ツーリングへ行ったときの写真です。
余談ですが、この約1ヶ月後に僕はFORCE V4オーナーズクラブ
というクラブへ入会“してしまう”のです。(・ω・)
このときはまさかRC30を所有したり、NC30やRC30、RC45で
もて耐にエントリーするなんて夢にも思っていませんでしたね。
(^_^;)



やっぱりサイドステップとリアバンパースポイラーの色が
・・・。(-o- )
ボディーの色より若干明るいんですよねぇ・・・。(>_<)



記念に取っておくことにします。(^o^)
コイツで「りんご」とか「梨」を楊子代わりに使って食べたら
ウケるかな?(・ω・)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック