calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

経過観察



時々デジカメのマクロ撮影で経過を記録しているのですが、
今日で記録は最後にしようと思います。
充血も治まり、もう見た目の変化がなくなったからです。
今日は何度かトライして眼内挿入レンズを出来るだけハッキリ
撮影してみました。
上の写真はその撮影システム構成。(笑)
三脚にデジカメ、液晶画面を見るための手鏡、そして右下にあるのが
目を照らすためのLEDペンライト。

  

写真は左目です。
目の中にあるのが眼内挿入レンズ。
オランダ「OPHTEC」社製「ARTISAN Toric」 レンズ。
右目は乱視矯正の入っている「ARTISAN Myopia」というレンズですが、
見た目は一緒です。
レンズの両端が虹彩に噛んで固定されているのが分かりますね。

術後1ヵ月が経ったわけですが、ここへ来てやっとコンタクト
レンズやメガネを意識しなくなってきました。
もう寝る前にコンタクトレンズを外そうと思ったりする事は
全く無くなりましたね。(笑)
やっと完全に「裸眼の身」になったという感じです。
それで最近、また朝のトイレに続いて些細なことではあるのですが、
就寝時に「裸眼ならではの寝入り方」をするようになりました。
何かと言うと、テレビを見ながら眠りにつくようになったのです。
以前からテレビを見ながら寝る事はありましたが、でもそれは
ケータイのワンゼグテレビの話。
目から僅か10センチ位の位置にケータイを置いて見ていました。
目の良い方には分からないと思いますが、その距離でケータイを
見ると両目で見ることは出来ないんです。
なので片目で見ることになるのですが、、これが非常に
疲れるんです・・・。
今はベッドから2メートル程の所に元々あるテレビにオフタイマーを
作動させて眠りについています。
快適です♪

11の日



また今年も11の日がやってきました。(笑)
といっても、ホンダワークス11番と11月11日とは
全く関係がないわけで、単に11が並んでいるだけの事です。
11月11日と言えば、プレイステーション3の発売日だった事が
記憶に新しいですが、今回調べてみたら○○○○○16さん
ネタを発見。

「1983年 - 新宿西口のキャッツ・シアターにて劇団四季が
キャッツの日本公演をスタート」(Wikipediaより)

観劇と11番にこんな接点があったんですねー。(笑)



今日は術後1ヵ月検診に行ってきました。
今日は結構細かい検査をいっぱいしたので、結構時間が
かかりました。
いくつも検査をやったので、どんな検査をやったのか
全て覚えていません。(苦笑)
10種類くらいやったかもしれません。
肝心の視力の方ですが、今日は両眼でなんと1.5!!
ランドルト環を一番上から下から2番目まで読むことが
出来ました。
目の良い人には分からないと思いますが、いやー「キモティー」の
一言ですね。
(巨人ファンなので日本シリーズはキモティくなかったですが。)
「上、右、下、左、上、右、下・・・」と表をスラスラと読んで
行けるわけですから。(笑)
でも今日は最後の医師の診察の際にキモティくない事も
告げられました。



今日は今まで続けてきた非常に面倒な多種類の目薬を点す必要が
無くなると思って期待していたのですが、診察の最後に医師の
口からは発せられたのは、

「目薬は中止となりますが、今日からは別の目薬になります」。

ガビ〜ンです。(汗)
先生!日本語おかしくないですか?「目薬は中止となりますが」と
一瞬喜ばせておいて、「別の目薬になります」ってやっぱ目薬
中止じゃないしー。(爆)
今までよりも効き目が弱い目薬という事で1日に点す回数は
減ったものの、まだまだ目薬を点す生活が続く事になって
しまいました・・・。
次回の検診は3ヵ月検診という事でお正月明け。
それまで点し続けなくてはならないため、多量の目薬を処方され
持って帰って来ました・・・。(涙)

負の遺産



もう使う必要がなくなったこれらの品々。
「負の遺産」といってもイイでしょう。
(めがねっ娘フェチを除く(爆))
正直処分に困っているのですが、普通に不燃ごみとして
捨てるのもなんだかねぇ・・・。
いっそ東京湾にでも沈めてやりますか。(笑)
やばいやばい、それじゃ不法投棄だ・・・。(汗)

両目が裸眼になって一週間経ちますが、まだどうも寝る前に
コンタクトレンズを外そうとしてしまいます。
厳密には流石にその動作まではしようとしませんが、
「外さなきゃ」と頭の中では思ってしまいます。(笑)
流石に起きた時は目が覚めた瞬間に見えているので、
コンタクトレンズを付けようとは思いませんけどね。
まだ完全に裸眼生活に馴染むまでには時間が必要なようです。

本日のリザルト



1週間検診(右目の)に行ってきました。
乱視も落ち着いて両眼1.2は確実に見えるようになりました。
ツーリングで実感しましたが、1.2の世界ってこういうもんなんですね。
本当に良く見えるようになりました。
眼の充血は右目のみまだ人から「目が赤いけどどうしたの?」と
言われますが、左目の時からすれば今週中には消えるでしょう。

  

今日は診察の最後に加入している生命保険会社に手術給付金を
請求するために必要な「診断書」を発行してもらってきました。
手数料5000円。
高っ!(汗)
もて耐で骨折したときに病院で書いてもらった時も確かそれ位した様な
気がしますが、診断書って高いもんなんですね・・・。
これで現在自腹切っている高額な手術代を取り戻す事が出来ます。

本日のリザルト

  

おむすびアシモの二日後検査に行ってきました。
上の写真は今日の写真です。
両カメラ共、この小さな写真でも眼内レンズが良く見えます。
左カメラはもうわずかな充血が残るだけで、見た目は普通と
何ら変わりありません。
普段でも疲れ目なんかでなることのある充血程度って感じですね。
右カメラはまだまだ人に会うと「右目どうしたの?」って
言われます。(笑)
そのたびに経緯を説明すると、殆どの皆さんが「寒くなってきた。」とか
「ち○ち○が縮こまるぅ〜。」なんて言います。(爆)
まあ誰でも「目を切ってレンズ入れた。」なんて言えば、
ゾクっとしない人なんて居ないでしょう。
でも白内障の手術に近いので、年配の方で白内障の手術経験が
ある人なんかに話すと、手術の話題に花が咲く事もあったりします。(笑)

で、肝心の本日のリザルトですが、両カメラで1.2でした。
次回の検査が21日なのですが、その時にはまた更に良く見える
様になるかもしれませんが、もうこれ以上は期待薄でしょう。
レーシックの改造を受けた人は1.5〜2.0になるのと比べてしまうと、
チョット物足りない気もしますが、個人的には十分満足しています。
コンタクトレンズの時よりも見えているわけですから。
日曜日に予定している「初裸眼ツーリング」ですが、
景色の良い所を走る様ですから、今から非常に楽しみですね。



ファクトリーの帰りにゲットしてきた2輪雑誌3誌。
全てもて耐の記事が載っており、当然FORCE V4オーナーズ
クラブチーム関係者も載っています。
詳細は明日の日記で。

よくみえ〜る



両眼裸眼で見るこの景色。
確かに最高です。み○に○さん。(笑)
予想通り左カメラの時よりコンディションが良く、
視力こそ左カメラの時と同じ0.9でしたが、曇りが殆どなく
視界が非常にクリアです。
メカニックさんによると、やはり赤いオイル漏れが
少なかった事が好影響をもたらしているとの事でした。
個人的な感想ですが、左カメラの時の執刀メカニックさんは
ひょっとしたら「ハズレ」だったのかもしれません。
まあ分かりませんけどね。
左カメラの執刀メカニックさんはファクトリーのホームページに
名前が載っていませんでしたが、右カメラの執刀メカニックさんは
ホームページで大々的に紹介されている人でした。
これからこの改造作業を受ける人には、執刀メカニックさんの
選定を慎重にする事をお勧めしたいと思います。
レーシックの場合は殆ど機械がやる改造なのでメカニック選びは
あまり関係ないかもしれませんが、フェイキックIOLは完全に
メカニックさんの手作業ですからね。
私の改造作業を受けたファクトリーでは、執刀メカニックの指名が
出来る様なので、可能であれば指名した方がイイかもしれません。
判断基準としては、やはり「場数」を踏んでいるメカニックさんが
良いのではないでしょうか?
ちなみにこのファクトリー自体は、フェイキックIOLの国内No.1
症例数を売りにしているファクトリーです。

  

ファクトリーから帰って来てからすぐの写真です。
改造作業による傷が落ち着いてくるまでは、一時的な乱視が
強く出ているために視力も伸びないそうですが、
時間とともに良く見えるようになってくるとの事でした。
今日から左カメラの目薬は回数減となり、眼圧を下げる目薬は
中止となりました。
今日からは両目に目薬を点すことになりますが、左右で回数が
違うのは面倒ですね。
まあでももう少しの辛抱ですからがんばります。
明日も検査がありファクトリーへ行ってきますが、
視力検査が楽しみですね。
どの位の数値を叩き出すのでしょうか?(笑)

無事終了



無事終了しました。
前回の左目と比べて非常にリラックスして改造作業を受ける
ことが出来ました。
作業時間はほとんど同じはずですが、大変短く感じましたね。
私が作業を受けるのに慣れたからでしょうか。
あと今回は前回と違うメカニックさんだったのですが、
前回のメカニックさんよりも作業に手馴れている様な気がしたので、
実際に早かったのかもしれません。
ただ、今回のメカニックさんは淡々と作業をする感じだったので、
前回のメカニックさんは結構作業中に経過をしゃべってくれて
いたので、安心感という面では前回のメカニックさんの方が
あったかもしれません。
でも改造作業を受けるクリーンルームは気温が一定に保たれて
いるのですが、これがかなり寒いんです。
恐らく10度台半ば位。(寒)
タオルケットを厚めに掛けてくれるとはいえ、寒いので早く作業が
終わるのに越したことはありません。
作業終了後は今回も前回同様に痛み止めの添加剤が
処方されましたが、結局飲んでいません。
作業中から作業後まで、全く痛みを感じずに両カメラの
改造作業を終える事が出来ました。
あっ、改造作業直前の点滴は普通に痛かったですけどね。(笑)

    

明日は“ゼッケンプレート”が外れます。(笑)
黒い眼帯ならネタ的に美味しかったのですが。(爆)
前回よりも赤いオイル漏れが少なかったとの事なので、
左カメラよりも早く良く見える様になるかもしれないとの事でした。
昨日○○○○○16さんより日曜日にツーリングのお誘いを受けて
いるので、裸眼ライディングデビューは日曜日の予定です。
楽しみですねー。

<< | 2/3PAGES | >>