calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

自動運転

 

シビックタイプR(FD2)が入院中に借りているFIT(GK3)に備わっている

運転支援システムをチャイさんの実家へ行ったりもてぎへ行ったりした際に

高速道路で色々試してみました。

まだまだ誤検知や未検知が多く、自動運転というには程遠いものですが、高速

道路を長距離移動する際には大変重宝しそうです。

何しろステアリングへ手を軽く添えて前方を見ているだけでイイので。

しかし、僕にとってはかえって居眠りを助長する感じがしてイマイチだぁ・・・。

ステアリングから手を離すと警告される機能に加え、居眠りを検知する機能が

追加されたらイイかも?


谷口信輝

 

僕が好きなレーシングドライバーの1人。

今は少なくなりつつある古典的な“公道出身”のドライバーですね。

ワークスドライバーとなってもおかしくない有能なレーシングドライバー

なのに何故GT500に乗らないのか疑問に思う人も多そうですが、動画の2

輪時代のエピソードからもわかるように彼はGT500に“乗れない”んじゃな

くて“乗らない”んだと思います・・・色々しがらみで面倒なことが多くな

るでしょうし。

 


助手席エアバッグ

180709.JPG

 

昨日娘をS2000(AP1)の助手席に乗せましたが、実は車両の取説にはあま

り推奨しない的な文言があります。

エアバッグがあるからでしょう。

チャイルドシートを使用する場合、シートを目一杯後方へスライドさせて使

用するように記載されていますが、出来ればエアバッグをキャンセルしたい

ところです。

 


個性はない・・・

180707.JPG

 

信号待ちで見かけたS2000(AP1)。

純正オプションのホイールのみでパッと見ノーマル車です。

僕のと全く見分けが付きません。

以前のS2000は一目で僕のクルマとわかりましたが・・・。(苦笑)

このクルマはこのあと走り去るときにマフラーは無限だとわかりました。

やはりイイ音がするなぁ・・・。


R35

 

広告動画ということで寝酒代わり?にベッドに横になりながら観ていたん

ですが、かえって寝られなくなってしまいました。(笑)

YHP日産(R91CP)の富士の転倒の話題が出てますが、30~40メートル

じゃなくて3〜4メートルの間違いですね。

大げさに言いたい気持ちは理解出来ますが。(苦笑)

 


全高1545ミリ

180628.JPG

 

S2000(AP1)のヘッドカバーパッキンからのオイル漏れ修理兼ねて

タペットクリアランス調整のため1泊入院です。

作業はあっと言う間に終わりますが、エンジン冷間時の調整なので放

置する時間が必要なので。

 

180628a.JPG

 

機械式立体駐車場に入る代車ということで借りてきたN-ONE RS(JG1)。

規格サイズの機械式立体駐車場なんですが、攻めてますねー。(汗)

ちなみに機械式立体駐車場に入るN-ONEは、ローダウンとRSのグレード

のみのようです。

軽自動車というと郊外に住むクルマは1人1台という家庭だけではなくて

都心に住むユーザーのことも考えて欲しいものです。

最近はむやみに室内が広い(全高が高い)軽自動車がもてはやされてい

ますが。


愛車と再会

180614.JPG

 

S2000(AP1)でS2000(AP1)を追走。

 

180614a.JPG

 

前を走るのは僕のかつての愛車。

みんカラで知り合った現オーナー、joynerさんと共にかつての愛車と

再会。

joynerさんはNSR(2輪)から乗り換えられた60歳代の男性。

普通ならジェネレーションギャップを激しく感じるでしょうが、V4クラ

ブの皆さんと同様に共通の趣味があるとそんなことは関係なし!

ファミレスで深夜まで元オーナーにしかわからない細かいクルマの仕様

などを中心にバイクの話まで幅広くお話してしまいました。

 

180614b.JPG

 

かつての愛車はナビが交換され、ナンバープレートが移動したくらいで

僕が乗っていたときのまま!

「凄くコンディションの良い個体」と絶賛して頂き大変光栄でした!

外装がとてもキレイとお褒め頂き、メンテナンス方法を訊かれたのです

が、屋内保管(機械式立体駐車場保管)ということが一番大きいとは言

え、「バリアスコートで拭いてるだけ」とお伝えしたところ驚いていら

しゃいました。

近いうちに購入されるそうです。(笑)

お仕事の都合上、日中どこかへご一緒したりするのが難しそうですが、

またの再会を約束して今夜はお別れしました。

かつての愛車を手放した当時は、身近な人で大切に乗ってくれる人を

探したんですが、結局見つからず泣く泣く某ショップへ持ち込んだため、

その後どうなってしまうのか気が気ではなかったのですが、ステキな方

のもとで毎日乗られているかつての愛車を見ることができ安心しました。


<< | 2/30PAGES | >>